メソセラピー(脂肪溶解注射)の疑問

メソセラピーとキャビテーションの違いとは?

痩身効果を得る施術にはいろいろ方法がありますが、その中でもメソセラピーは脂肪を融解する薬剤を投与し、その後老廃物として体外に排出させることでサイズダウンを図る治療です。

同様に、身体にメスを入れずに軽い負担で脂肪細胞の破壊を試みる施術にキャビテーションが挙げられますが、この2つには脂肪に対するアプローチの仕方に違いがあります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の特徴

メソセラピーによる脂肪融解は、皮下脂肪への注射のみと大掛かり手術を必要としません。注射をした周辺部位の脂肪細胞を壊し、サイズダウンを図ることが可能です。

部分痩せにも最適な安全性の高い施術

皮下脂肪へ薬剤を注入させるのみという手軽な施術で、1回5分から10分ほどしか時間がかかりません。

脂肪を減らす方法として、長い間脂肪吸引が美容医療の現場で利用されてきましたが、副作用のリスクも格段に軽減し、気軽に受けられる痩身手段として浸透してきています。

注射1本で細かい調整が利くことから、二の腕や太もも、二重アゴなどの部分痩せにも適している施術です。また、セルフダイエットでは及びにくい、脂肪の固まりであるセルライトにも効果的に働きかけることができます。

融解した脂肪細胞がしっかり排出されればそれ以上細胞は増殖しないため、リバウンドを起こしにくいというのが大きなメリットです。

理想の体型を作るために繰り返し施術が必要

ダウンタイムも少なく日帰りでの施術が可能ですが、メソセラピーによる治療効果を得るためには、繰り返し薬剤の注入が必要になります。

安全のために、血中の中性脂肪値やコレステロール値に変化が表れない範囲で行われることから、脂肪吸引と比較して1回の効果は控えめです。

また、使用する薬剤は安全なものですが、場合によってはアレルギー反応が出ることもあります。

注射した部位が内出血を起こす、むくむ、筋肉痛に似た頓痛を感じる程度の副作用はありますが、発疹や嘔吐などが出た場合には直ちに治療が必要です。

また、アレルギーを起こした場合には、症状が治まった後もそれ以降の施術は行われません。

キャビテーションとの違いとは?

キャビテーションも脂肪細胞を融解して排出を促すことでダイエットを試みる施術です。

ただし、メソセラピーとは異なり、注射ではなく超音波を発するマシンを身体に当てることで細胞を振動、中に気泡を作って弾けさせるエネルギーで融解を促すというアプローチが行われます。

また、医療免許を持っていないスタッフでも取り扱えるマシンであることから、クリニック以外でもエステサロンで気軽に受けることが可能です。ただし、メソセラピーと同様に、効果を定着させるためには何度も施術を繰り返す必要があります。

注射のような痛みがなく、身体に受ける刺激は超音波による鈍い振動や骨電動による音のみとなっており、アレルギー反応の心配がないというのがメリットです。

ただし、医療行為であるメソセラピーと比較すると、その分1回で得られる効果は弱まるのがデメリットになります。

まとめ

同じ脂肪融解による痩身施術ですが、効果の表れかたはメソセラピーのほうが高く、その分、医療行為による副作用のリスクも高まります。

一方のキャビテーションは、クリニック以外のエステサロンでも施術を受けられますが、メソセラピーより効果の出かたが緩やかです。

アプローチの方法は異なりますが、脂肪を減らし、リバウンドをしにくい身体作りができるという点では共通しています。

セルフダイエットでなかなか効果が表れない場合、難しい部分痩せやセルライトの解消を試みたい場合に期待ができる施術です。